バリテイン 成分量は200種類、しかも増大が高い有効成分だけを配合

バリテイン 成分量

バリテイン 成分量は200種類、しかも増大が高い有効成分だけを配合

増大サプリを使用する際には、成分と成分量をチェックする必要があるでしょう。
成分量によって、その増大効果の大きさなどが変わってくるのではないかと思います。
実際、増大サプリの構成は、それぞれの商品によって異なりますし、そのもたらしてくれる効果も違ってくるのは成分と成分量が異なっているからです。
したがって、その成分や成分量を事前に知っておくことで、自分が使用したときに、どのような増大効果が得られるのかを予想することができます。
もちろん、成分の構成もありますので、成分と成分量だけですべて判断する事は出来ませんが、効果をある程度は把握するための材料になるのではないでしょうか。

バリテインの成分は、どのような構成になっているのでしょうか

ソフトカプセル、ホワイトカプセル、ベージュカプセルの3種類のカプセルがあるのですが、それぞれのカプセルに成分が配合されています。
配合されている成分は、115種類の天然成分と86種類の酵素パワーからバリテインは配合されています。
115種類の天然成分のなかでは、シトルリン、アルギニン、オルニチン、トリプトファン、亜鉛を中心として豚プラセンタやウナギ、サソリ等々たくさんの天然成分が配合されています。
また、86種類の酵素パワーの中にはドクダミ、高麗人参、タンポポの根、ハッショウマメ等々の酵素が配合されています。
成分量については記載されていませんが、バリテインはかなりたくさんの成分によって複合的なアプローチで増大を叶えるようなサプリメントであることがわかります。

バリテインは115種類の天然成分と86種類の酵素パワーを配合

増大サプリで重要な要素として成分と成分量があります。
サプリメントがどのようにチンコのサイズアップを行っていくのかを考える際には、成分や成分量によって効果を予想することが出来るからです。
バリテインにも同じことが言えます。
バリテインは115種類の天然成分と86種類の酵素パワーが成分として配合されています。
この構成成分を見ると、バリテインは複合的なアプローチでチンコのサイズアップを実現するサプリメントであることがわかるのではないでしょうか。
成分の量が多ければよいというわけでもありませんし、種類が多ければよいというわけでもありません。
その配合によって、どのような増大効果を得られるのかが重要ですので、その部分を見極める必要があるでしょう。

バリテインの成分にはどんなものが含まれてるのか?

業界初のトリプルカプセルという新機軸で今話題の男性向け精力増強サプリ、バリテイン。
しかし、なぜ種類の違うカプセルを3種も配合することになったのでしょうか?
その為には、バリテインに含まれる成分について語る必要があります。
バリテインに含まれている成分の種類は、なんと115種にも及びます。
これは一般的な精力剤のおよそ2倍に匹敵する数量。
当然、その中には即効性のあるものや、効果にある程度時間を要するものも含まれており、吸収スピードにも違いがあります。
そこであえて、形状の違うカプセルを3種用意することで、身体にジャストなタイミングで効果を発揮するように設計されているのです。

具体的にバリテインにはどのような成分があるのか?

では、具体的にバリテインにはどのような成分が含まれているのかを見てみたいと思います。
まず、精力剤として欠かせないのがシトルリン。
もちろん、バリテインにも主成分としてしっかり配合されています。
また、これも定番であるアルギニン、マカ、高麗人参あたりは当然のように含まれてますね。
ちょっと変わったところでは、トナカイの角や、クラチャイダム、豚プラセンタ、さけの白子など、他ではあまり見られない成分もサポートとして配合されてるようです。

バリテインの成分、その安全性について

ここで、一つ確認しておきたいことがあります。
それは、これだけ多くの種類の成分が含まれるサプリでは、副作用などのリスクはどうなっているのか、という点です。
しかし、バリテインの原材料は、基本、天然由来の原料のみが使用されています。
化学物質として含まれているのはごくわずかで、それらも勿論リスクのないものしか使用していません。
ですから、バリテインに関しては副作用を心配する必要はなさそうです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*