バリテイン シトルリン配合量 (財)日本食品分析センター分析結果について

バリテイン シトルリン

バリテイン シトルリン配合量 (財)日本食品分析センター分析結果について

サプリメントの配合成分や配合量に偽りがあることが多々発生しておりますので、ただいま、一般社団法人 日本食品分析センターへバリテインのシトルリン配合量について、分析依頼しております。
分析結果が分かり次第、このページにて発表いたします。

バリテインに配合されているシトルリンの働き

増大サプリには必ずと言って良いほど配合されている成分の一つにシトルリンがあります。
効果があると口コミでも評判のバリテインにも、シトルリンが配合されており増大の大きな役割を果たしています。
シトルリンは、元々体内にあるアミノ酸の一種ですが、スイカやキュウリなど瓜系の植物にも含まれる成分です。
これが、どのように増大に作用するのかというと、シトルリンには血管拡張効果、血流促進効果があり、チンコに送りこむ血液量を増やすことができます。
増大に血行促進は欠かせませんが、バリテインに配合されているシトルリンにはこうした効果があるというわけです。
また、男性ホルモン、成長ホルモンの合成を助ける効果があるとも言われているので、いまや増大には欠かせない成分となっています。
ただし、シトルリンだけを大量に摂取しても血流促進効果は得られるものの、増大に積極的に働きかけることはできません。
バリテインがシトルリン以外にも多くの成分を配合しているのは、シトルリンとの相乗効果を狙っているということです。

シトルリンのサポート成分も多数配合されたバリテイン

バリテインの配合成分は100種類以上ありますが、シトルリンと同時に摂取することで効果を高めてくれる成分はアルギニンと亜鉛です。
これら3つの成分は、増大に不可欠とも言える成分ですが、一つずつ別々に摂取してもそれほどの効果は見込めません。
同時に摂取すればこそ相乗効果を発揮する組み合わせということです。
また、バリテインにはマカやサソリ、スッポンなどの精力増強成分も配合されていますが、勃起力、持続力を高めることで増大に働きかける効果が期待できます。
チンコが大きくなるまでには勃起、射精というプロセスが大事ですが、バリテインの成分は全てがこのプロセスに何らかの作用を与えていることになります。
シトルリンの効果に加えて、大量の有効成分が配合されていることがバリテインの効果の裏付けということですね。

バリテインに配合のシトルリンには副作用がある?

効果の高い成分が配合されているのは嬉しいけれど、その反面副作用があるのではと心配になる人もいるでしょう。
しかし、シトルリンは体内に存在するアミノ酸、植物に含まれる成分でもあるため、副作用についてはほとんどリスクはないと言って良い安全性の高いものです。
シトルリン以外の成分についても天然由来の植物系、動物系の成分、アミノ酸などで作られているバリテインは、効果は絶大ながら健康に悪影響を与える心配はありません。
アレルギー源となる成分が配合されていないかを確認し、1日の服用量として推奨されている量以上を飲まないということに気をつければ、安心して飲み続けることができます。
健康に害なく飲めて、増大効果が実感できるサプリを探しているのならシトルリン配合のバリテインがおススメです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*